MENU
年齢とともに気になる目元・首元・胸元のボツボツ
大人気のオールインワンジェルを使ったら??
>>WEB限定特価で試すならコチラ!

首のイボを糸で取るなら?

首のイボには、糸を使用するとよく、イボを糸で縛って自然に取れるのを待つというのは可能です。

 

イボが大きくなってきた場合、糸で縛って血を止め
自然にボロッと取れるのを待つという方法があり、首のイボに使えます。

 

血が止まっていない時はなかなか変化しませんが
血が流れなくてしぼんでくると、首のイボをとることができます。

 

この作戦をする場合、首のイボはある程度
小さいほうがよく、糸で縛るのは、それなりにテクニックがいます。

 

大きすぎる首のイボで、直径4ミリ以上あるものは
やはり病院でとってもらうしかないでしょう。

 

基本的に、首のイボに糸を縛るのは有効なのですが
自分で縛るというのは、なかなか勇気がいるものです。

 

できれば、医者に首のイボがちょっと大きくなった時に
糸で縛ってもらったほうがいいかもしれません。

 

首のイボは、糸で縛るとかなり激痛なので
自分では中々出来ず、医者にまかせたほうが無難です。

 

だいたい、糸で首のイボをとる場合、4日くらいで取れるといわれていて
4日後くらいにぽろっと落ちます。

 

その後は消毒も何もなくても、すっかりきれいになるので
糸で首のイボをとるというのはまんざらでもありません。

 

首のイボを糸でとるときは、細い糸でしばるとよく
最初は勇気がいりますが、慣れてコツさえつかめばなんてことありません。

 

自宅で自分でできる首のイボをとる方法が
細い糸で縛るという方法で、髪の毛で縛る人もいます。

 

ただ、髪の毛の場合、そこそこの長さが必要なので
首のイボをとる場合、短髪の人は難しくなります。

 

また、髪の毛には細菌も結構付着しているので
首のイボをとる時は、やはり細い糸が望ましいです。

 

首のイボを糸でとる時は、できれば絹糸がベストで
細い糸でイボを縛ってとる方法になります。

 

小さ目の首のイボなら、すぐに糸で縛ってぶちっと切ってしまうことも可能なので、おすすめです。

 

細い糸で首のイボを縛る方法は、おばあちゃんの知恵袋のようなもので
昔からイボ治療の民間療法にありました。

 

多くの人がやってきたもので、首のイボにも血が通っていて生きているので
血を通わなくさせて死滅させるのです。

 

小さ目の首のイボでない場合は、イボの根本を細い糸で縛り
イボを締め上げるようにするとよいです。

 

数時間経つと首のイボは段々小さくなり、固くなって色合いも悪くなり、やがてイボが死滅します。

年齢とともに気になる目元・首元・胸元のボツボツ
大人気のオールインワンジェルを使ったら??
>>WEB限定特価で試すならコチラ!