MENU
年齢とともに気になる目元・首元・胸元のボツボツ
大人気のオールインワンジェルを使ったら??
>>WEB限定特価で試すならコチラ!

首のイボに遺伝は関係ある?

首のイボについては、遺伝もよくいわれますが
実際には、遺伝が関係していることは少ないと言われています。

 

早い人なら30歳を超えると出てくるのが首のイボで
その原因の一つと言われているのが紫外線です。

 

外的要因が大きく、ホクロが紫外線が原因でできるのと同様
首のイボには、紫外線が大きく影響しています。

 

首周囲も肌を露出しているので、紫外線が良く当たる部位で
首のイボはどうしてもできやすくなります。

 

若いうちに首のイボができることは少なくても
将来、加齢と共に、紫外線のダブルでできやすくなることは十分に考えられます。

 

誰もが気になるのが遺伝についてですが
首のイボについては、親のどちらかにイボがあってもあまり言われません。

 

ホクロが多かったら、その子供もホクロが多いとよく言いますが
首のイボについては、遺伝はあまりなさそうです。

 

首のイボの遺伝はあまり言われませんが
イボ自体、遺伝性の要素がないとは言えないので何とも言えません。

 

遺伝性によるものは決してないとも言えないので
首のイボは、遺伝によってできないとは言い切れません。

 

科学的な証明レベルに至っていないのが現状なので
親に首のイボがあっても、子供にできるとは限りません。

 

しかし、ホクロやイボが多い親の子供は
首のイボができやすいということが言えるかもしれません。

 

一つでも首のイボができてしまえば、親に多い子供は
やっぱり遺伝だからと言われるかもしれません。

 

親に首のイボがある場合、自分は気をつけようという気持ちになるので
それは大事なことかもしれません。

 

できるだけ紫外線に当てないようにし
日焼けに気を付けることで、首のイボの予防対策ができるのは事実です。

 

首のイボは、遺伝よりも体質の変化が大きく
ネックレスなどで皮膚が反応してしまうことでできやすい傾向にあります。

 

遺伝よりも首のイボの原因は、生活習慣が関係していることが多いので
その辺は十分に気を付けることです。

 

体質的なものの多くを遺伝によって子どもが引き継ぐことも多いので
首のイボについては、遺伝性があることも頭に入れておくべきです。

 

遺伝については、首のイボは神経質になる必要はありませんが
ウイルス性のイボには気をつけないといけません。

 

イボを擦ったり削ったりすると傷口の部位に触れるので
感染で首のイボが発生しやすくなります。

 

無理に首のイボを取ると、傷跡がへこんでかえって見た目悪くなるので
皮膚科や形成外科で相談することです。

年齢とともに気になる目元・首元・胸元のボツボツ
大人気のオールインワンジェルを使ったら??
>>WEB限定特価で試すならコチラ!