MENU
年齢とともに気になる目元・首元・胸元のボツボツ
大人気のオールインワンジェルを使ったら??
>>WEB限定特価で試すならコチラ!

軟性線維腫 って何?

軟性線維腫というのは、珍しい病気ではなく、皮膚上にできる腫瘍のひとつになります。

 

皮膚に生じた小型の腫瘍が軟性線維腫で
それほど大きくはなく、皮膚と同色もしくは少し濃い色をしいます。

 

皮膚と同じような色をしているので
軟性線維腫は、あまり目立たないこともあり、見逃すこともあります。

 

一般的に、軟性線維腫は、たんぱく質のひとつであるコラーゲン繊維や
皮膚に包まれた血管などでできています。

 

太い、あるいは細い柄によってできているのが軟性線維腫の正体であり
皮膚に定着してできる特徴があります。

 

軟性線維腫は脇の下やまぶた、股間、乳房、首などに
できやすいのが特徴で、中高年によくできます。

 

特に更年期を経過した女性にできやすいのが軟性線維腫で
年を取るほど発症しやすい傾向にあります。

 

軟性線維腫は、加齢の影響による皮膚の変化によるもので
肥満傾向にある人の摩擦が多い部分に生じやすいという特質があります。

 

このように物理的な刺激の影響もあるのですが
軟性線維腫については、糖尿病患者や妊娠中の女性に生じやすい特徴があります。

 

なぜ軟性線維腫ができるのかというと
その原因は、今のところまだはっきりと解明されていません。

 

よくいわれるのが摩擦の影響で
これは軟性線維腫の原因として、昔からよく指摘されているものです。

 

脂肪が重なった場所や、ブラジャーの紐付近などによくできるのが
軟性線維腫で、1つの特徴があります。

 

皮膚と皮膚、もしくは衣服とこすれる場所に
軟性線維腫が出来ることが多く、できるのは多発箇所ということになります。

 

摩擦との関連性はあるのは否定できないのですが
軟性線維腫の場合、乳頭腫ウイルスの影響も指摘されています。

 

軟性線維腫は、糖尿病患者の特徴であるインスリン耐性と
妊娠中のホルモン変化なども関係していると指摘されています。

 

もし軟性線維腫の疑いがあると思った時は
すぐに皮膚科医の診察を受けるとよく、適切に診断してもらうべきです。

 

ほとんどの医療機関では、軟性線維腫の診断に際しては
視診を中心に行うので、似た症状と間違う場合もあります。

 

イボやほくろ、無害な腫瘍も多くあるので
軟性線維腫を診断するには、より精度の高い診断が必要になります。

 

一部を採取して検査室に送付し、調べてもらうのが一番で
その場合、軟性線維腫が皮膚癌に見えることもあります。

 

しかし、そうしたケースはほとんどないので
軟性線維腫であっても、それほど恐れることはありません。

年齢とともに気になる目元・首元・胸元のボツボツ
大人気のオールインワンジェルを使ったら??
>>WEB限定特価で試すならコチラ!