MENU
年齢とともに気になる目元・首元・胸元のボツボツ
大人気のオールインワンジェルを使ったら??
>>WEB限定特価で試すならコチラ!

アクロコルドン

アクロコルドンというのは、あまり聞きなじみがありませんが
これは、良性の腫瘍のことを指します。

 

加齢とともにできやすくなるのがアクロコルドンという病で
老人性イボとも呼ばれているものです。

 

首、脇の下、胸など皮膚が
柔らかい場所に発生しやすいのがアクロコルドンで
体質も大きく関係してきます。

 

肌色から茶褐色のものまで
様々な色でできるのがアクロコルドンの特徴で、
大きさは大体3mm程度以下です。

 

アクロコルドンは、小さいイボなので
それほど目立つことはなく、大きく成長することはありません。

 

小さなぼつぼつとしてイボが多数発生した場合
それはアクロコルドンかもしれないと覚えておくといいでしょう。

 

基本的に、アクロコルドンになると
首、脇の下、胸にできることが多く
色は肌色や茶褐色をしています。

 

アクロコルドンは通常3mm以下のイボであることが多く
他の良性の腫瘍と比べると非常に小さいのが特徴です。

 

できたばかりの場合、アクロコルドンは突起が少なく
少し盛り上がった程度なので、それほど気になりません。

 

しかし肌に変化が現われたのをキッカケにして
アクロコルドンは数が増えたり、徐々に突起が大きくなってきます。

 

盛り上がりが少ないアクロコルドンの場合
切除しようとしても上手くいかず、シミのように茶色に変化します。

 

そうなると、女性は美容上の問題を感じてしまうので
アクロコルドンは、非常にやっかいな存在になります。

 

アクロコルドンの腫瘍は良性なので
問題がなければ放置してもいいのですが、やはり対処はすべきです。

 

悪性化することは少なく
アクロコルドンは皮膚の加齢の一種だと思っておけばよいのですが
気にはなります。

 

アクロコルドンは、誰にでもできるもので
高齢者になると、1つや2つはあるものです。

 

高齢になって大きなシミのようなものができたり
突起したイボができたりしたとき、その正体はアクロコルドンです。

 

なぜアクロコルドンができるのかというと
それは遺伝的な原因、皮膚の摩擦による影響などが考えられます。

 

紫外線によるダメージもあり、アクロコルドンは皮膚の老化の一種なので
誰にでも起こり得ます。

 

ある年齢になったら、紫外線に当たる箇所はまめにUVケアを行なうことで
アクロコルドンを予防できます。

 

アクセサリーや衣類の摩擦をできるだけ軽減させ
皮膚の乾燥を防いで代謝を落とさないようにすることがアクロコルドン対策になります。

年齢とともに気になる目元・首元・胸元のボツボツ
大人気のオールインワンジェルを使ったら??
>>WEB限定特価で試すならコチラ!