MENU

首のイボの取り方について

首のイボの取り方を探しているなら、まずはクリームなどのスキンケアを試す事をオススメします。

 

と、その理由を話す前に首のイボを取る方法についてお伝えしましょう。

 

まず、イボの種類はたくさんありますがウイルス性のイボはスキンケアでは良くなりません。
これは病気ですから病院で薬をもらい根本的な治療を必要とします。

 

ですから、前提として自力で首のイボを取るのであれば、
老人性のイボであったり、服やアクセサリで擦れて出来た小さいイボである事が重要です。

 

見分け方としては30代頃から増えてきていて、襟やアクセサリが擦れる部分であったり
サイズが小さいものであれば、スキンケアで良くなるものだと言えます。

 

首のイボを取る方法

 

首のイボを取る方法は『形成外科で除去』するか
『スキンケアで除去』する方法があります。

 

病院では手術をする事になります。
手術はレーザーや冷凍療法などで行うものでそれほど難しいものではありません。

 

ただ、それなりに費用は掛かってしまいますし、また再発する事もあります。

 

首のイボは角質粒といわれる角質の塊であったり
日焼け服やアクセサリの擦れ、乾燥などで出来てしまうことがほとんどです。

 

つまり、日頃の肌のケアが首のイボが出来るのを防ぐことが出来るのです。

 

そして、効果的なクリームやジェルを使うことで『ポロッ』と取れるのです。

 

ですから、最初は首のイボが取れるクリームやジェルなどを利用して
それでも効果を感じられなければ、病院で治療するという方法が効率的です。

 

もし、先に病院でイボを取ったとしてもケアがしっかりできなければ
また再発することになりますから、効果的なスキンケアを知っておくことも良いでしょう。

 

・どんなジェルやクリームが良い?

 

首のイボに効果的な成分は色々と言われていますが
その中の1つにハトムギが挙げられます。

 

イボが気になる人はハトムギ茶を飲むと良いと言われていて
効果を実感している人も多いので、ハトムギが含まれる商品は良いでしょう。

 

ハトムギに含まれているヨクイニンと呼ばれる成分が含まれています。

 

病院などで処方されるヨクイニンという薬もあるくらいで
古くからイボの治療に使われていますから効果が合って当然でしょう。

 

 

あんずの成分も良いと言われています。
パルミトレイン酸という成分が肌のターンオーバーを整えてくれます。

 

首のイボはターンオーバーの乱れも原因の一つになりますので効果的です。

 

そして、このパルミトレイン酸は加齢とともに減少していくものなので
外部から補っていくことも考えておく必要があるのです。

 

最近では杏仁オイルも効果的だと言われています。

 

首のイボは乾燥によっても出来ると言われているわけですが
潤いが無くなってしまうと外部からの刺激をダイレクトに受けてしまいます。

 

その刺激が首のイボにつながっているのです。

 

杏仁オイルは肌の若さを保つ為に必要な脂肪酸が多く含まれているので
首のイボにも効果的に働きます。

 

潤いを保つ化粧品はたくさんありますが、潤いが保てればイボが取れるというわけではないので
イボ取り専用のジェルやクリームを利用することをオススメします。

 

特にオススメなのは艶つや習慣というオールインワンジェルです。

 

おそらく、首のイボに悩まされるかたはスキンケアが得意ではないのでしょう。
そういった点を考えるといくつかに分かれている商品よりもオールインワンの方が手軽で楽です。

 

また、先ほど挙げたあんずエキスが入っているのは艶つや習慣だけです。

 

価格もその他の商品に比べると安く、量も多いので始めて利用する人にはオススメです。

更新履歴